日常2

音楽とか映画とか本とかの感想と、日常について、つらつらと書いていきます。

お正月休みにラルクアンシエルのオリジナルアルバムを全て聞いてみた(2)

※「お正月休みにラルクアンシエルのオリジナルアルバムを全て聞いてみた(1)」はこちら:http://mitomito1992.hatenablog.com/entries/2016/01/09

 

それではラルクのアルバム曲の感想第二弾に移りたいと思う。

今回はyukihiro加入~メンバーがソロ活動に入る前のアルバムまでを中心に感想を書いていく。

 

まずは、ドラマーがsakuraからyukihiroに代わった最初のアルバム「HEART」から。

HEART

HEART

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥2100

このアルバムは全体的に重々しく、前作までと比べ、ハードロック調の曲が多いように感じ取れる。

このアルバムの発売前後からラルクアンシエルは一躍ミリオンセラーを連発するトップミュージシャンになっていくのだが、このようなハードロック調の曲が音楽チャートを席巻していた時代があると思うと、この時代に青春を過ごしたかったなあと少し後悔する。(管理人はHEART発売時は五歳であり、当時はロックに全く興味がなかった)

粒ぞろいの名曲が多く、個人的には「Shout at the devil」や「Promised land」は曲調も歌詞も退廃的な雰囲気がして、とても好きだ。

Shout at the Devil

Shout at the Devil

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 

Promised land

Promised land

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 

 

続いて、二枚同時アルバムリリースで話題になった片方の、「ray」の感想から。

ray

ray

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥2100

こちらも「HEART」に引き続き、退廃的な曲調と歌詞の多いアルバム。

「HONEY」「花葬」「浸食~lose control~」という、シングル同時リリースの三曲が収録されており、他に「snow drop」というラルクの中でも一般的によく知られているシングル曲が収録されたアルバムだ。

「いばらの涙」はファンの中でも人気のある曲の一つであり、私もとても好きだ。

いばらの涙

いばらの涙

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 そして、個人的にこのアルバムは初めて買ったラルクアンシエルのアルバムであり、「死の灰」から始まるダークでロックな世界観に魅せられたのを覚えている。

死の灰

死の灰

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 前回の記事では「True」が一番ラルクの中で好きなアルバムであると言ったが、この「ray」もかなり好きで、何度も何度も繰り返し聞いたことを思い出す。

ラルクのアルバムの中で一番を決めるのは至難の業であることを感じさせられる一枚。 

 

次に、「ray」と同日に発売された「ark」を紹介したい。

ark

ark

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥2100

 「ark」とは日本語で「箱舟」という意味がある。

このアルバムの中には「箱舟」という言葉が入った曲があるのだが、その曲とはラルクの曲の中でも比較的有名な、「HEAVEN'S DRIVE」のことである。

HEAVEN'S DRIVE - Single

HEAVEN'S DRIVE - Single

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥500

 この「HEAVEN'S DRIVE」は私がラルクアンシエルにはまるきっかけとなる一曲であり、思い出深い。

Aメロのギターがジャカジャカ鳴ってるところから、開放的なサビを聞くと爽快な気分になる。

さて、アルバム全体を通しての印象は、一つ一つの曲は幻想的だったり個性的だったりするけど、全体を通して聞くとまとまりがないようにも思える。

アルバム全体として聞くのであれば「ray」を、好きな曲を好きな時に聞くのであれば「ark」を、個人的にはおすすめしたい。

 

 

さて、ラルクが実質的な活動休止に入る前の最後のアルバムである「REAL」の感想に移りたい。

REAL

REAL

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥2100

 このアルバムを作った当時のラルクアンシエルはかなり殺気立っていたらしく、アルバムにも尖った印象の受ける曲が多い。

しかし、今回改めて再度聞き直してみると、後半の三曲(「TIME SLIP」「a silent letter」「ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE」は落ち着いていて、救いのあるアルバムにはなっていると感じる。

特に「ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE」は明るいロックチューンであり(歌詞は不吉であるという解釈はあるが)、アルバムの最後に明るめの曲が来ることはラルクでは珍しい。

ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE

ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 また、曲順が前後してしまうが、「a silent leter」はDUNE期を彷彿とさせるような、暗く落ち着いた曲である。

a silent letter

a silent letter

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 「REAL」の「bravery」という曲では「昔はよかったなんて言わないで」と歌っているが、「a silent letter」のような初期の曲調に近い曲があるあたり、ラルクはファンに対して飴と鞭のある、矛盾したロックバンドだと思う。

bravery

bravery

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250

 

 

それでは、次回は活動を再開させたアルバム「SMILE」から、最新作である「BUTTERFLY」までの感想を書いていきます。

 

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログへ