読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常2

音楽とか映画とか本とかの感想と、日常について、つらつらと書いていきます。

ブログとSNSについて

ブログとSNSを比べたとき、比較的ブログのほうが好きだ。

SNSは交流することを目的とするけど、ブログは一方的にこちらが発信する媒体である。

だから、SNSに比べて人目を気にすることがないと個人的に思う。

 

思い返せば一番初めにネット上で人と交流した媒体は、掲示板であった。

確か中学生のときに、大好きだったラルクアンシエルのファンサイトの掲示板に書き込んだことがきっかけだったと思う。見ず知らずの人との交流は楽しかったが、段々と書き込むことが面倒になり、やめてしまった。

 

その後高校生になり、ラルク愛や邦楽ロック愛を書き連ねるブログを始めた。

今改めて見返すと痛々しいものもあったりするのだが、当時の自分の日常も知れて、懐かしい気分になる。

 

大学生になり、俗にいう「意識の高い」団体に入り、「意識の高い」留学をし、そこで感じたことを記録として残すためにまた新たなブログを始めた。たまにそのブログを見返すと、あの頃に感じた気持ちを再び思い出し、志だけ高くなるのだが、結果として残せていない現状に苛立つこともある。(「意識の高い」という言葉については時間があれば後日、記事を書きたい)

 

ブログはSNSとは違って、一つの記事に載せることのできる情報量が多い。

私がブログが好きな理由として、ブログに多くの情報量を書くことで、より多くの人に発信することが好きだからではないかと思う。何のために発信したいかと問われたら、自分の話を聞いてもらいたいという答えしか思い浮かばないが、かまってちゃんのような理由でも、いいのではないかと思う。